VXL System 2018-04-24T15:58:20+00:00

経営者ステップチェック

我々が活用している「経営者の成長指標」は、世界70万人が活用しているウェルススペクトル。

そこには経営者としての3つのレベルが表され、それを一つ一つ上がっていくためにクリアしなければならない3つの条件が存在する。

自分の成長を確認したり、軌道修正を可能とする最良の[「指標」とそれを使いこなす「環境」両方をVXLは提供しています。

参考資料(経営者レベル “イエロー” – 第1条件)

VXL KPIミーティング

KPIとは、Key Performance Indicator(パフォーマンス上げるためにカギとなる指標)の略。

ビジネスコンセプトが立証され、売上がコンスタントに上がってきた後に回していくPDCA(Plan→Do→Check→Adjust)のチェック、アジャスト(計測、改善)の部分がコレ。経営者にとって必須の数字/現実と向き合うところ。意外と多くの起業家が苦手意識を持っていて、実際に避けている部分でもあります。

KPIミーティングは、週に一回固定の有志メンバーがグループ(3‐4社ほど)を作り、数字を確認し合います。目標は達成されているのか、次のステップは何なのか、何が機能していて何がしていないのか。

コーチングの用語として使われているアカウンタビリティ(責任感)ですが、それを徹底的に養うために最も現実的であり、効果のある方法です。将来の経営者として必要不可欠な資質を伸ばしながら、ビジネスの成長を促し、同時に他業界の状況を知ったり、同士たちの力にもなれる、そんな一石四鳥の【VXL KPIミーティング】です。

VXL レバレッジボード

VXLは、Wealth = Value X Leverage(富=価値 x レバレッジ) という意味。「自分/自社の価値を上げて、それにレバレッジをかけていく」ということなので、我々はお互いにレバレッジをかけやすくするためにツールを使っています。それがウェルスダイナミクスのプロファイリング。

レジデント(フリーデスク契約者)になると、もれなく付いてくるプロファイルテストとスペクトルテスト(両方ともオンラインテスト)。これは、価値を上げるときにも、レバレッジをかけるときにも大活用されます。

ウェルスプロファイル
ウェルススペクトル
代表あいさつ
起業家ツール